2010年8月25日水曜日

iPod touchをなるべく安く買う方法

1台目のiPod touchを買ったときに、なんとか安く入手できないものかといろいろ調べて、まとめたものをブログで公開した。先日、訳あって2台目を購入することになったのだけど、記事の内容がすでに古くなってしまっていたため、また、新しく知ったこともあったので、加筆修正して再公開することにした。

ちなみに自分は、1台目(第2世代)は大手家電量販店でキャンペーンとポイント、古いiPod nanoの下取りを利用して買った。2台目(第3世代)はApple Storeで整備済製品を購入した。

個人輸入

円高の影響もあって海外通販ならかなり安くなるはず、なのだけどApple StoreやAmazonなどの信用できそうなサイトは海外への発送を行っていない。ということで、他の選択肢としては

  • 海外にいる知人に現地で購入し送ってもらう
  • 転送サービスを利用する
  • 海外発送に対応しているオンラインショップを利用する

などが考えられるが、いずれの場合も送料と税金はかかる(ひょっとしたら関税はないかもしれないけど、消費税は必要)。

転送サービスは、まずその会社(または個人)の住所を発送先に指定して購入し、さらにそこから日本へ送ってもらうという仕組み。したがって、オンラインショップと同じ国にある転送サービスを探す必要があるのだけど、オンラインショップからは国内発送となるため、Apple StoreでもAmazonでも問題なく利用できる。また、手数料もそんなに高くないようだ。

個人輸入の場合は、本体価格とは別でかかる費用もあるため、トータルでどれだけ安くなるのか、またその差額がリスクに見合うかをよく勘案する必要があると思う。海外で購入した製品の保証については下記を参照。

海外に行くついでに買う(買ってきてもらう)

もし、自分または友人などに海外に行く予定があれば、免税店で買う(買ってきてもらう)こともできる。これは為替レートさえ気をつければ確実性も高く、注文してから受け取るまでヤキモキすることもないと思う。

ただし、これは個人輸入の場合も当てはまるのだけど、海外で購入した製品の保証がどうなるのかがはっきりしないので、サポートに電話で確認してから実行に移したほうがいいかもしれない。iPod、iSight保証規定 (PDF)を見てみると、

海外でのサービスに関し、アップルは、不具合製品または部品を現地の基準に合致する同等の製品および部品にて修理または交換する場合があります。

とあるので、大丈夫だとは思うのだけど。

ちなみに、各国での値段は

から国名を選び、Storeを覗けば調べることができる。

整備済製品

日本のApple Storeで買える整備済製品も在庫があればかなり安い。整備済製品は店頭商品、返品商品、初期不良品などをAppleがきちんと修理調整して1年保証をつけたもの。

Appleによると新品水準並みの品質とのことだけど、完全な新品というわけではなくて、Dockアダプタとクイックスタートガイドが同梱されなかったり(される場合もある)、パッケージが紙箱だったり(新品と同じプラスチックケースの場合もあるらしい)するので気になる人は止めておいたほうがいいかもしれない。自分も2台目は整備済製品を購入したのだけど、いまのところ特に問題は起きていない(整備済製品のiPod touch(第3世代)を購入した)。購入金額が5000円以上なので送料は無料になる。

Amazon.co.jp

日本のAmazonでは基本的に5% OFFのようだけど、割引率の変動が激しいためこまめにチェックしたほうがいい。過去には11% OFFだったこともあり、安くなっているときなら有力な選択肢になると思う。送料は無料。

(追記)Apple Storeの整備済製品もそうなのだけど、新モデル発表後は旧モデルがさらに安くなる。Amazon.co.jpでは以前、17% OFFになっていたことがあった。

学生・教職員割引と政府系機関・公務員割引

Apple Storeの学生・教職員割引はiPodには適用されない。政府系機関・公務員割引は6%OFFになる。

家電量販店

たいていの家電量販店ではApple製品はあまり安くなっておらず、ポイントもたいしてつかない。が、交渉次第では現金値引+ポイント率アップで割と安く買うことができるらしい。いろいろ検索してみたところヤマダ電機がよさそうだ。また、Apple製品といえども開店/閉店セールでは安く売られることもあるようなので、タイミングが合えばそれもいいかもしれない。新モデル発表後の旧モデル在庫処分セールを狙うのもありだと思う。

自分が1台目を購入したときは、整備済製品の在庫がなく、また、家電量販店ではどうせ安くならないだろうという思い込みもあり、他店は調べずポイントカードを持っているヨドバシで買うことにした。ポイントが5%ついて、シリコンケースが同時購入で10%OFFに、充電しても30分ともたなくなったiPod nanoを下取りに出して¥-2000(固定)、さらになぜかiTunesカードが¥1500ぶんついてきた。家電量販店では密かにお得なキャンペーンをやっていることもあるので、他の店と比較するときは注意が必要。下取りは状態がよく、そんなに古くないモデルならソフマップのほうが高く買い取ってくれると思う。

家電量販店での購入は場合によってはだいぶ安くなるようだけど、交通費と労力と時間に見合わなかったなんてことにならないように気をつけたい。

Yahoo!オークション

個人的には新品でも中古でもヤフオクはあまり安くなってないと感じている。ジャンク品でもなければ5,000円以上のはずだから、Yahoo!プレミアムへの登録(月額346円)が必要で、送料もほとんどの場合は落札者負担。また、保証書があるケースも少なく、オークションなのである程度のリスクも負うことになる。

中古品

中古販売をしているオンラインショップも覗いてみたが、価格自体も決して安くはないし、ほとんどのものは保証書が付いていないので、自分は高くても新品を買いたいと思ってしまう。ショップによる保証は付いていも期間が短い。また、前の所有者の使い方にもよるのだけどバッテリーの劣化も心配。