2009年8月21日金曜日

2本指ポケットは人差し指でも薬指でも持てるようにするべき

2本指ポケットは人差し指・中指と中指・薬指のどちらでも持てるようにしたほうがいい、とジムでときどき会う強い人から言われた。自分は人差し指・中指派なのだけど、周りを見ていると中指・薬指派のほうが多いような気がする。トップクライマーも中指・薬指が多いようだ。その一方で、フリークライミング (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)には、薬指は弱い指で痛めやすいため、なるべく人差し指を使うようにと書いてある。

総合的にどちらがいいのかはわからないけど、ポケットの向きや次のホールドの位置によって、人差し指・中指のほうが次の一手を出しやすい場合もあるし、中指・薬指のほうがいい場合もある。実際に、その人はジムの課題に打ち込んでいるとき、その課題ではどちらで保持するべきか検証していた。

ということで、数ヶ月前から中指・薬指も鍛えているのだけど、人差し指・中指と同じレベルまで持っていくのはかなり難しい。だいぶ強くなってきてはいるのだけど、自分の限界グレードの課題をやっているときはどうしても慣れているほうを使ってしまうので、易しめのポケット課題で鍛えるしかない。ついサボりがちになってしまうのだけど、引き続きちょっとずつでもやっていこうと思う。

(追記)2本指ポケットで普段使わないほうの指を鍛えるのは、ポケット以外のホールドでも大いに役に立つはず。特に自分は3本でのオープンハンドを多用するため、薬指がきっちり仕事をしてくれないと全体での保持力がかなり弱くなってしまう。

(追記)数年程でどちらも同じように使えるようになった。