2010年4月23日金曜日

iPhoneアプリの売上を受け取る口座について

iPhoneアプリの売上はシティバンクで受け取るのが常識らしいのだけど、手数料のことなどまったく調べていなかったため、何も知らずに三井住友銀行の口座を登録していた。売上はAppleから海外送金され、日本の銀行で受け取ると被仕向送金手数料やら円為替取扱手数料(日本円を指定してある場合)などで数千円引かれてしまうという話だった。さらに、場合によっては送金を中継した銀行からも手数料を取られるという。

手数料のことは送金される直前に知ったのだけど、Bank Infoの変更は間に合わず三井住友銀行に振り込まれてしまった。しかし、振り込まれた金額をAppleから送られてきたInvoiceと照らし合わせてみても、特に手数料は引かれていなかった。

月末になると、三井住友銀行から外国送金到着のご案内という書類が送られてきた。確認してみると手数料負担がご依頼人になっていた。ひょっとしたらAppleの方針が変わったのかもしれない。もしそうならわざわざシティバンクの口座を作る必要もなかったけど、今後一切手数料がかからないという保証もないので翌月からはシティバンクで受け取っている。

ちなみに、外国送金到着のご案内によると、依頼銀行はCITIBANK EUROPE PLC 1で、取組銀行がCITIBANK JAPAN LTD.になっていた。